(専大松戸)深沢鳳介がイケメン!父親や上一色中学校時代のエピソードをまとめてみました。

専大松戸高校の深沢鳳介選手が「イケメン」「かっこいい」と話題になっているようですね!!

今回の甲子園でも注目されているらしく、どんな選手なのか見逃せません。

「父親が元プロ野球選手なのか?」「中学校時代はどんな選手だったのか?」という疑問にもお答えしていきます。

甲子園に出場する選手の特徴を知って、TV観戦をより楽しんで頂ければと思います。

この記事では、

・(専大松戸)深沢鳳介がイケメン!
・(専大松戸)深沢鳳介の父親はどんな人?
・(専大松戸)深沢鳳介の上一色中学校時代のエピソード

について詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

(専大松戸)深沢鳳介がイケメン!かっこいいと話題です。

ツイッターの反応「イケメン」

ツイッターでは、「イケメン」「かっこいい」と噂がある選手で人気があるようです!!

多数のファンがいるらしく、応援の投稿も見ることができました\( 'ω’)/

インスタグラムとツイッターのアカウントは発見したものの、鍵アカウントで見ることが出来ませんでした・・・・

(専大松戸)深沢鳳介のイケメン画像をご覧ください

整った目鼻立ち、モデルのようなすらっとした体型でイケメン♡♡

投球の真剣な表情から、ふとした瞬間に笑顔になるのはキュンとしますね。

ニュース記事や甲子園試合などで最新の画像を見ることが出来るので、チェックしておきましょう。

(専大松戸)深沢鳳介のプロフィールもイケメン!

「専大松戸のエース」と言われており、今回の甲子園でも凄く期待されているピッチャーです!!

球速の速さと回転、変化球のキレが特徴で、隙が一切ないチームワークも評価されています。

素晴らしい投手ですし、今後の活躍に期待していきましょう。

名前 深沢鳳介(ふかざわ おうすけ)
誕生日 2003年〇月〇日(詳細は不明)
出身中学 江戸川区立上一色中学校
高校 専大松戸
最高球速 144キロ
身長 175㎝
体重 73kg
ポジション 投手
投打 右投右打

(専大松戸)深沢鳳介の父親はどんな人?

もしかすると、お父様が「元プロ野球選手だったのでは?」と思う人も多いんじゃないでしょうか?

深沢鳳介選手の父親は、深沢竜之さん、母親は、深沢由紀さんです。

母親の由紀さんが好きだったドラマの「やまとなでしこ」の放送時期は、2000年10月9日~12月8日頃でした。

平均の結婚年齢は、男性が31歳、女性が29歳と考えると、父親の年齢は大体48歳~51歳くらいだと考えられます。
※あくまで個人の予想なので、間違っている可能性はあります。ご了承ください。

その他の父親の情報は無かったようなので、一般人だと思います。

年齢からしても、元プロ野球選手の深沢 恵雄(現在66歳)、深沢 修一(現在73歳)では無いようです。

(専大松戸)深沢鳳介の上一色中学校時代のエピソードは?

深沢鳳介投手は、「全国中学校軟式野球大会」で中学1年生は準優勝、中学3年生はベスト4という輝かしい成績を残しています。

同じ中学&同学年の苅部力翔選手、石神遥樹選手の2人も同じ高校に進んだそうで、今回の甲子園は見逃せません。

上一色中学時代の監督は、西尾弘幸さん。

都大会の優勝経験が5回以上あり、甲子園で活躍する選手を多数輩出しています。

江戸川区は自由に学校を選択できるので、深沢鳳介投手は野球をしたくて「上一色中学校」を可能性は高いでしょう。

中学からエースとしてベスト4へ導いた実績があり、制球力がポイントの選手でした。

まとめ:(専大松戸)深沢鳳介がイケメン!父親や上一色中学校時代のエピソードをまとめてみました。

専大松戸高校の深沢鳳介選手についてのおさらいです(2021/8/12 現在)

・(専大松戸)深沢鳳介選手は「イケメン」「かっこいい」と評判、既にファンも存在する。
・(専大松戸)深沢鳳介選手は、野球が強い「上一色中学校」出身。中学からエースとして活躍していたらしい。
・(専大松戸)深沢鳳介選手の父親は、深沢竜之さん。元プロ野球選手ではなく、一般人の可能性が高い。
・出身中学は、上一色中学校。野球が強い学校として有名。

プロ野球選手「横山陸人(よこやまりくと)」さんと全く同じ進路なので、今後が楽しみです。

2021年のドラフト候補としても見逃せませんね。

8月13日(金)10時30分から明豊高校との試合がありますので、是非チェックしてみてください。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ブログランキングに登録しています。

応援していただけると、今後のブログ運営のモチベーションに繋がります!!

ポチッと押してくれると嬉しいです↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村